--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.05 22:27|北田物産
 2012年もいよいよ師走となりました。島原きた田に今年も、北海道の稚内より、棒鱈(ぼうだら)が到着!おせち料理に欠かせないのが棒鱈の煮物ですね。棒鱈は、北海道近海で採れた真鱈を栽割した後、天日でじっくりと乾燥させて作られますが、日持ちしないタラを流通させるために、古くから加工されてきた保存食で、ほろほろとした食感と独特の風味に特徴です。江戸時代以前から、東北・北海道地方における海産物を使った保存食の代表格として製造が行われ、加工された棒鱈は北前船で関西方面に運ばれ、正月料理やお盆料理の一品として食べられたという伝統の味です。<ぼうだらのおいしい煮かた>をご紹介しましょう。①真水に5~7日浸す。(夏季3~4日)
 ②毎日、水を替えます。③もどしたら、水洗いをします。④一口大に切り、多目の水を加え、水から煮立て5分ほど沸騰させた後、火を消します。しばらくおき、新しい水に替えて5~8時間おきます。⑤もどしたタラの2倍量のダシ(昆布・鰹)で3~4時間煮ます。
⑥汁が、半分になったら、砂糖を適量に加え、30分煮ます。⑦調味用(醤油・みりん・酒)を加え5分ほどさっと煮たら、火を止め、冷めるまでおき煮含ませる。
fc2blog_20121205222402df4.jpg
スポンサーサイト
2012.12.02 20:42|未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。