--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.05 22:27|北田物産
 2012年もいよいよ師走となりました。島原きた田に今年も、北海道の稚内より、棒鱈(ぼうだら)が到着!おせち料理に欠かせないのが棒鱈の煮物ですね。棒鱈は、北海道近海で採れた真鱈を栽割した後、天日でじっくりと乾燥させて作られますが、日持ちしないタラを流通させるために、古くから加工されてきた保存食で、ほろほろとした食感と独特の風味に特徴です。江戸時代以前から、東北・北海道地方における海産物を使った保存食の代表格として製造が行われ、加工された棒鱈は北前船で関西方面に運ばれ、正月料理やお盆料理の一品として食べられたという伝統の味です。<ぼうだらのおいしい煮かた>をご紹介しましょう。①真水に5~7日浸す。(夏季3~4日)
 ②毎日、水を替えます。③もどしたら、水洗いをします。④一口大に切り、多目の水を加え、水から煮立て5分ほど沸騰させた後、火を消します。しばらくおき、新しい水に替えて5~8時間おきます。⑤もどしたタラの2倍量のダシ(昆布・鰹)で3~4時間煮ます。
⑥汁が、半分になったら、砂糖を適量に加え、30分煮ます。⑦調味用(醤油・みりん・酒)を加え5分ほどさっと煮たら、火を止め、冷めるまでおき煮含ませる。
fc2blog_20121205222402df4.jpg
スポンサーサイト
2012.11.24 00:44|北田物産
今年も北海道から‘新豆’が続々と入荷中!の島原きた田です。今年も北の大地の恵みに感謝しながら・・・。金時豆や小豆のルビー色、白花豆の白色の豊かな天然色に見惚れてしまいます(*^_^*)24日(土)と25日(日)は「島原産業まつり」(会場:島原復興アリーナ)に、新豆や海産物、乾物、お正月用食材など豊富に取り揃えて、島原きた田も出店!平成新山雲仙溶岩焙煎珈琲の試飲販売なども行います。もう~いーくつねーるーとー♫みたいになってくる季節がいよいよ近づいてきますね。

2012-11-23 23.41.04
2012.09.21 16:08|北田物産
秋風に吹かれながら・・・ふるさとの民話の世界に心ふれてみませんか? 北田物産presents fmしまばら「民話そこここ」で、島原半島の民話を心あたたまる語りの世界でご紹介していただいている、「有明童話の会くすのき」のみなさん。その長年のこつこつとした活動の中で、島原半島に伝わる民話を掘り起し、語りで伝え、そして民話集「ふるさとのおはなし」を第1集~第7集まで発刊されています。 海産物センターきた田の「ふるさと書籍」コーナーでお取り扱いしています。また有明物産館にもありますよ。


2012-09-14 18.07.57
2012.09.21 16:06|北田物産
島原半島の文化の秋を楽しむ・・・。郷土の歴史や自然、文化とともに、ふるさとの食の文化も先人たちから受け継がれ育まれてきました。そんな思いから生まれた、島原きた田の「ふるさと書籍」コーナーです。平成元年の開店以来これまで、ずっとたくさんの皆様にご愛好いただいております。 長崎県・島原半島の歴史や文化、自然をテーマに発刊された貴重な書籍の数々・・・。地元の郷土史研究会や郷土史家の皆さんによる自費出版のものから長崎新聞社や長崎文献社の出版によるものなど・・・。新刊も続々登場しますので、このコーナーからも時々ご紹介していきたいと思っています(*^_^*)
             
2012-09-14 18.03.20


2012.09.15 17:54|北田物産
暮らしの秋の彩り・・・。島原きた田のお庭のムラサキシキブの実が色づきはじめました。

2012-09-15 09.53.10

江戸時代の初期には「みむらさき(実紫)」「たまむらさき(玉紫)」と呼ばれた何とも言えない神秘的な紫色の世界を楽しむ日々・・・。秋ですね。

2012-09-15 09.53.23

名前の由来は美しい果実を平安時代の女流作家『紫式部』になぞらえたとか、紫色の実が敷き詰められたように付く「むらさきしきみ(紫敷き実)」や紫色の実が茂る「むらさきしげみ(紫茂実)」が訛ったものとか、いろいろのようですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。